運営協議会の
設置・運営

行政機関や医療関係団体、
地域団体等と連携

行政機関や医療関係団体、地域団体等と連携イメージ

支援センターは、さまざまな団体と
連携して運営されています。

 医療勤務環境改善支援センターの運営が効果的かつ円滑に行われるよう医師会、看護協会、地域の医療関係団体、社会保険労務士会、医業経営コンサルタント協会、労働局などの行政機関と連携しています。これらの団体と共に、課題解決方策の具体化、効果検証などを協議する運営協議会の設置、運営を行っています。

開催実績 ※年2回開催予定です

平成28年度(2016年3月〜2017年4月) 3月21日 第2回大阪府医療勤務環境改善支援センター運営協議会 開催
10月24日 第1回大阪府医療勤務環境改善支援センター運営協議会 開催
平成27年度(2015年3月〜2016年4月) 3月29日 第2回大阪府医療勤務環境改善支援センター運営協議会 開催
6月30日 第1回大阪府医療勤務環境改善支援センター運営協議会 開催

官民連携のお知らせ

内容  大阪府、一般社団法人大阪府私立病院協会、株式会社池田泉州銀行及び東京海上日動火災保険株式会社の四者は、大阪府内の医療機関における医療従事者の勤務環境改善等への取組支援に関する協定を締結しました。
平成27年7月、大阪府、大阪府私立病院協会及び東京海上日動火災保険は、同内容の協定を締結し、大阪府医療勤務環境改善支援センターの医療勤務環境改善マネジメント研修の充実などを通じて、医療機関による勤務環境改善の取組みを支援してきました。
今回、新たに株式会社池田泉州銀行がこの協定に加わり、民間企業の持つ、勤務環境改善やマネジメントシステムに関するノウハウやネットワークをさらに活用することで、医療従事者の勤務負担軽減、働きがいの向上とあわせ、質の高い医療の提供をめざしていきます。
なお、医療機関における医療従事者の勤務環境改善の取組支援において、銀行、損害保険会社及び民間の病院団体が地方公共団体と協定書を締結するのは全国で初めてとなります。

また、四者による協定締結を契機に、池田泉州銀行は、医療機関が勤務環境改善に取り組むための資金ニーズに応えるため、平成28年4月1日から「医療勤務環境向上応援ローン」の取り扱いを開始することとなり、関西金融記者倶楽部に資料提供しましたので、あわせてお知らせします。
○協定書の概要
1.名称 医療機関における医療従事者の勤務環境改善等への取組支援に関する協定書
2.協定締結の目的 医療従事者の離職防止、定着及び育成を図ることによって、医療安全の推進、医療の質の向上及び地域医療の充実に寄与する
3.協力内容 (1)医療勤務環境改善マネジメント講習会等の実施
(2)大阪府医療勤務環境改善支援センターの取組における広報周知の協力
(3)その他必要と認められる事項
4.締結日 平成28年3月29日(火曜日)
  • 一般社団法人大阪府私立病院協会内
  • 大阪府
  • 大阪労働局
  • 公益社団法人大阪府看護協会
  • 一般社団法人大阪府医師会
  • 厚生労働省
  • いきサポいきいき働く医療機関サポートWeb

大阪府医療勤務環境改善支援センター
(一般社団法人大阪府私立病院協会内)

〒543-0074
大阪市天王寺区六万体町4-11 大阪府病院年金会館3階
TEL:06-6776-1616 FAX:06-6776-1618 
受付時間:10:00〜16:00(土・日・祝日を除く)

ページトップへ