設立の経緯と目的

設立の経緯

 医療機関が医療の質の向上や経営安定を図りながら、地域での役割を果たし発展していくには、医療従事者が働きやすい環境を整え働きがいを高め、医療従事者の確保・定着を図ることが不可欠です。
 平成 26 年 10 月の医療法改正で、医療機関の管理者は医療従事者の勤務環境改善に取り組むことが努力義務に規定されました。各都道府県には「医療勤務環境改善支援センター」の設置が義務づけられ、医療機関の管理者の勤務環境改善活動を支援することとされました。
 一般社団法人大阪府私立病院協会は、平成 27 年 1 月より大阪府の委託を受け「医療勤務環境改善支援センター」を開設し、働きがいのある病院作りのために勤務環境改善支援等の業務を行っています。

支援センター 外観写真

設立の目的

 医療機関において医療従事者が働きやすい環境を整え、専門職集団としての働きがいが高まるよう、勤務環境を改善させる取り組みが求められています。
 「医療勤務環境改善支援センター」では厚労省告示の医療勤務環境改善マネジメントシステムに関する指針を基に、ご相談のあった病院の現状把握と分析、課題の抽出を行い、多職種で構成する推進チーム等により改善計画を進める取り組みの支援を行います。
 医療勤務環境改善を促進することで、快適な職場環境を形成し、医療従事者の健康増進と安全確保を図ると共に、医療の質を高め患者の安全と満足度の向上が経営安定に繋がることを目指します。そして、経営者と医療従事者と利用者がWIN-WIN-WINとなる好循環に資することを目的としています。

  • 一般社団法人大阪府私立病院協会内
  • 大阪府
  • 大阪労働局
  • 公益社団法人大阪府看護協会
  • 一般社団法人大阪府医師会
  • 厚生労働省
  • いきサポいきいき働く医療機関サポートWeb

大阪府医療勤務環境改善支援センター
(一般社団法人大阪府私立病院協会内)

〒543-0074
大阪市天王寺区六万体町4-11 大阪府病院年金会館3階
TEL:06-6776-1616 FAX:06-6776-1618 
受付時間:10:00〜16:00(土・日・祝日を除く)

ページトップへ